キャッシングは金利が高めなのが一般的

お金を借りる時には金利が設定されていて、その金利に応じて借りたお金に対して利息が発生するようになっています。お金を貸し出す側としては素のようにする事によって商売が成り立っているのですが、自動車ローンや住宅ローンのような目的別ローンと比べるとキャッシングローンというのは金利が高めに設定されているのが一般的な特徴となっています。

その代わりにモビットなどキャッシングローンは目的別ローンのようにある特定の事に対してのみしか使用できないというような制限が無く、基本的に自分の都合の良い用途でお金を借りる事が可能であり、手軽に借りやすいというのが特徴となっています。例えば、生活費が足りなくてピンチだから給料日まで一時的にお金を借りたいという場合も、欲しいものがあるが手持ちのお金では足りないから借金したい、などといった目的であったとしても、それが原因で融資を断られる心配をする必要が無いのです。

ただし、使用用途が制限されないのは便利である反面、最初に述べたように金利が高めになっているという事は忘れてはならないです。少額の融資を受けて短期間で返済するのであれば利息はそこまで高くなる事は無いですが、借りる金額が大きくなったり一度に借りる金額が少なくても借りる回数が大きいとかなりの利息を取られる事になるのでお金の管理には気をつけるべきです。便利ではあっても安易に利用しすぎてしまうと、いつの間にか利息でかなりの金額を取られてしまっているという事にもなりかねないからです。